針脱毛 医療脱毛

MENU

針脱毛のしくみ

医療脱毛の種類の一つに針脱毛というのがあります。ニードル脱毛とも言われエステサロンなどではできず、医療機関でのみ行われる脱毛方法です。

 

針脱毛のしくみは毛穴にごく細い電極の付いた針を差し込み、毛根を直接電流で破壊して脱毛していく方法です。脱毛効果はとても高く、レーザー脱毛よりも「永久脱毛」に近いとされています。ただし、針脱毛は直接毛穴に針を差し込むわけですから痛みを伴います。同時に電流を流した際にも痛みがでますので針脱毛は痛いということを覚悟しておきましょう。

 

それでも医療機関で行われるものですから麻酔を使用することも可能です。また、一本一本処理していきますので時間もかかりますし、普通のレーザー脱毛を比べて赤みや腫れも発生する確率が高いのが難点です。そのような理由から脱毛クリニックでも昔に比べて針脱毛はあまりお薦めされなくなってきました。

 

針脱毛について解説する女性

しかし、毛根を破壊するのでワキガに効果があり、ワキ脱毛には針脱毛は根強い人気があります。ですので一部分だけ針脱毛で施術するというやり方にしたりなど部位によって使い分けても良いかもしれません。値段も高めではありますが、部位によっては効果が抜群の場合もありますので、うまく取り入れてもいいかもしれません。